メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 感染症と避難所運営学ぶ 手引き作成、県が市町向け研修 /福井

テレビ会議で新型コロナウイルス感染症に対応した避難所運営の研修を受ける市町の担当者ら=福井県庁で、岩間理紀撮影

 県は新たに新型コロナウイルス感染症に備えた災害時の「避難所運営の手引き」を作成し、市町の担当者に向けた手引きの活用方法などの研修を22日、テレビ会議で実施した。

 災害時に避難所での3密(密閉、密集、密接)などを避け、感染症対策をより徹底するのが狙い。

 手引きでは、3密を回避するため1人当たり4平方…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです