メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長野電鉄「マッコウクジラ」引退へ 日比谷線初代車両、60年駆け抜け /長野

長野電鉄で運行する、旧営団地下鉄日比谷線3000系の車両=長野県中野市で

 東京メトロ日比谷線の初代車両で、丸みを帯びた先頭車の形から「マッコウクジラ」の愛称で親しまれた電車3000系が、譲渡を受けて唯一走っている長野電鉄から2022年までに引退する予定になったことが分かった。1961年に登場して60年近く駆けてきた人気の車両だけに、鉄道愛好家らから引退を惜しむ声が出そうだ。

 3000系は車体外板にステンレスを使い、ゆがみを目立たなくするために「コルゲート」と呼ばれる波板を取り付けた外観が特色。自動列車制御装置(ATC)を日本でいち早く採用した先進的な車両として注目され、当時の営団地下鉄(現東京メトロ)日比谷線で94年まで活躍していた。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した60代を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 講演で「トイレ汚い」きっかけ 大間々駅前のトイレ清掃 23年間休まず1200回

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです