メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

通天閣 コロナ禍、工夫で越える 関西の土産物、一挙格安販売/「大阪モデル」知らせる点灯 /大阪

通天閣の地下コーナーに並んだ土産物の菓子は、府外の観光施設のものも多い=大阪市浪速区で、澤俊太郎撮影

 新型コロナウイルスの影響が広がる中、通天閣(大阪市浪速区)が、地域を支えようと工夫を凝らした企画を次々に展開している。3月から地元の菓子業者を支援するために、売れ残った関西一円の土産物を集めて格安で販売。5月からは休業要請を巡る府の独自基準「大阪モデル」の達成状況を示すライトアップを無償で始めた。来場者の減少で通天閣も厳しい状況だが、大阪のランドマークとして苦境を乗り越えるための模索を続けている。【澤俊太郎】

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです