メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

事前合宿誘致に尽力 豊岡市職員・結城さん先月急逝 「五輪見せてあげたかった」 /兵庫

急逝した豊岡市スポーツ振興課主任の結城竜則さん=遺族提供

 東京五輪の参加国と交流を深める「ホストタウン」の取り組みに尽力した豊岡市職員が4月7日、病気で亡くなった。市スポーツ振興課主任の結城竜則さん(41)=同市戸牧。自らも元国体選手で、ドイツ・スイス両国のボートチームの事前合宿誘致を成功させていた。五輪延期が決定した後も「楽しみが1年延びた」と話していた彼の急死を多くの同僚が惜しんでいる。5月25日には市内で四十九日法要が営まれる。【村瀬達男】

 結城さんは円山川に近い市立城崎中でボートと出会い、進学した大阪清風高、中央大でもオールを握り、大学日本一に輝いた。2003年に豊岡市役所に就職し、社会人チームで06年の兵庫国体に出場した。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです