メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

事前合宿誘致に尽力 豊岡市職員・結城さん先月急逝 「五輪見せてあげたかった」 /兵庫

急逝した豊岡市スポーツ振興課主任の結城竜則さん=遺族提供

 東京五輪の参加国と交流を深める「ホストタウン」の取り組みに尽力した豊岡市職員が4月7日、病気で亡くなった。市スポーツ振興課主任の結城竜則さん(41)=同市戸牧。自らも元国体選手で、ドイツ・スイス両国のボートチームの事前合宿誘致を成功させていた。五輪延期が決定した後も「楽しみが1年延びた」と話していた彼の急死を多くの同僚が惜しんでいる。5月25日には市内で四十九日法要が営まれる。【村瀬達男】

 結城さんは円山川に近い市立城崎中でボートと出会い、進学した大阪清風高、中央大でもオールを握り、大学日本一に輝いた。2003年に豊岡市役所に就職し、社会人チームで06年の兵庫国体に出場した。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

  4. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  5. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです