メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南高梅、平年の半分 田辺などの76園着果数 /和歌山

 県やJA紀南などでつくる「西牟婁地方果樹技術者協議会」は22日、2020年産の南高梅の調査結果を公表した。1枝あたりになる実の数が、平均して平年の半分程度にとどまり、極めて少ないという。

 販売や流通の計画に役立ててもらおうと、田辺市など4市町の76園を調査した。1園ごとに2本の基準樹を設けており、…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文346文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです