メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火災の逃げ遅れ、無くせ 避難行動、VRで研究 岡山市消防局×岡山大×「白獅子」 /岡山

VR体験のイメージ=岡山市消防局提供

 住宅火災での死者を減らそうと、岡山市消防局は岡山大、映像コンテンツ制作会社「白獅子」(同市北区芳賀)と共同で、VR(バーチャルリアリティー、仮想現実)を使った避難行動研究を行う。市消防局によると、VRを使った同様の研究は全国初で、担当者は「火事が発生した時の行動傾向が分かれば、逃げ遅れを無くす方法が見えてくるのではないか」と期待を寄せている。【戸田紗友莉】

 今回の研究では、市消防局が火災の映像や発生時の調査書などデータを提供し、それらを元に白獅子が住宅火災を体感できるVRソフトを開発。老若男女にソフトを体験してもらい、その際の避難データを収集して、岡山大大学院の岡崎善弘講師らが心理学の観点から解析する。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 夜の銀座クラブ出入り 与党、疑われる本気度 コロナ対策 野党、批判強める

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 入院希望でもホテル行き 糖尿病のコロナ感染者が感じた大阪の医療崩壊危機

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです