メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安芸太田町長選 橋本氏が初当選 「新しい町に」 /広島

広島県安芸太田町長選で初当選し、万歳する橋本博明氏(中央)=同町で2020年5月24日午後9時21分、池田一生撮影

 自民党の河井案里参院議員(広島選挙区)が初当選した2019年参院選の公示前に、夫の克行前法相(衆院広島3区)から現金を受け取ったと証言した前町長の辞職に伴う安芸太田町長選は24日、投開票された。いずれも無所属新人で、元衆院議員の橋本博明氏(49)が前副町長の小島俊二氏(64)を破って初当選した。任期は24日からの4年間。【池田一生、手呂内朱梨、中島昭浩】

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです