新型コロナ 大三島の芳香、目で感じ オンライン・ネロリ体験会に50人 /愛媛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大三島の柑橘をエッセンシャルオイルやアロマミスト、バスソルトなどに生かしてきた松田康宏さん(左)、英理子さん夫妻=今治市上浦町盛で2019年7月8日、松倉展人撮影
大三島の柑橘をエッセンシャルオイルやアロマミスト、バスソルトなどに生かしてきた松田康宏さん(左)、英理子さん夫妻=今治市上浦町盛で2019年7月8日、松倉展人撮影

 「ステイ・ホーム(外出自粛)の毎日でも、心はどこにだって行ける」。大三島(今治市上浦町盛)で「シトラス&アロマ 島香房(しまこうぼう)」を切り盛りする松田康宏さん(43)、英理子さん(39)夫妻を囲み、今が満開の柑橘(かんきつ)の花(ネロリ)の魅力にネット上で触れる「オンライン・ネロリ体験会」があった。芳香こそ届かなかったが、つぼみから白い花が咲くまでの様子を北海道から沖縄までの50人が目の当たりにした。【松倉展人】

 企画したのは東京でデザイン事務所とアロマテラピースペースを主宰する小林彩子さん(44)。アロマセラピストとして2018年の大型連休に初めて松田さんの園地を訪ね、辺りがフローラルな香りでいっぱいになる柑橘の花の季節を知った。

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文887文字)

あわせて読みたい

注目の特集