特集

検察官定年延長を問う

内閣の裁量で高検検事長らの定年延長を可能とする特例を盛り込んだ検察庁法改正案についてまとめます。

特集一覧

風知草

気づかない人々=山田孝男

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの襲来で多くの人々が何かに気づいたが、気づきの中身は人によって違う。

 折も折、「3密」マージャンに興じた東京高検検事長の気づきは浅かった。ウイルスに対しても、政治状況をめぐっても。

     ◇

 政権が黒川弘務検事長を検事総長にしたかった理由が何であれ、賭けマージャン処罰の相場観がどうであれ、世間は「政権が検察を意のままに操ろうとしている」と理解した。

 そうではないという説得的な説明は、いまだなされていない。しかも、辞職した検事長に、推定6000万円の退職金が慣例通り支給されるという。

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1334文字)

【検察官定年延長を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集