メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

社債、CPって何のこと? 大企業の資金調達手段 コロナ影響、発行拡大=回答・浅川大樹

日銀は社債やCPの購入枠を拡大し、企業の資金繰り支援を強化している=後藤豪撮影

 なるほドリ 最近よく聞く社債(しゃさい)やコマーシャルペーパー(CP)って何のこと?

 記者 大企業が資金調達(しきんちょうたつ)のために発行する債券のことです。銀行からの借り入れと異なり、市場で保険会社などの機関投資家に購入してもらうことで資金を調達します。ごく簡単に言えば、企業の借金の一種です。発行する際は事前に金額や金利、元本を返済する償還(しょうかん)日など条件が設定されます。社債とCPの違いは返済期間で、社債は1年以上、CPは1年未満となります。CPは「短期社債」とも呼ばれます。

 Q なぜ社債とCPが注目されているの?

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  4. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです