メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Dr.中川のがんのヒミツ

「生活習慣」+「早期発見」が鍵

自分自身で行ってきた「自己超音波検査」で、ぼうこうがんを発見した=本人提供

 <くらしナビ ライフスタイル>

 私はがん治療専門医で、東京大病院で放射線治療や緩和ケアの臨床を35年も行っています。厚生労働省のがん対策推進協議会委員、文部科学省の「がん教育」の在り方に関する検討会委員などの公職も務めてきました。

 そんな私もがん患者になりました。経緯を説明します。

 アルバイト先の病院に超音波検査装置があり、自分自身でぼうこうのエコー検査を行って、腫瘍を発見したのです。

 5年ほど前に肝臓に脂肪がたまる脂肪肝を自分で発見して以来、毎月エコー検査をしてきました。2018年の9月ごろからぼうこうの左側の壁が多少厚く見えていました。そこで、同年12月8日、尿をためた上で入念にチェックしてみました。すると、左の尿管がぼうこうに開口する「尿管口」の近くに15ミリくらいの腫瘍ができていました。

この記事は有料記事です。

残り1343文字(全文1696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  5. 「ここまでとは」想定外の雨量、河川改修でも浸水 行動計画も効果不明 熊本豪雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです