メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

3回見る。「きょうの猫村さん」 柔らかな空気で心が潤う

 番組の感動は、その長さに比例しない。「きょうの猫村さん」(テレビ大阪系)を毎週楽しみながら、しみじみそう思う。本編はわずか2分半のミニドラマながら、作品の持つ包容力あふれる世界観にどっぷり浸(つ)かっている。生で見つつ、さらに録画でも見る。1週間で最低3回は見るだろうか。そのたびに心が潤うのが分かる。

 ほしよりこの原作漫画は、2005年に単行本となって以来、累計300万部を超える売り上げだ。主人公の猫村ねこを演じるのは、名優・松重豊。見事にハマった。自らを拾ってくれた優しい飼い主・ぼっちゃん(濱田岳)と再会するため、必要な資金を家政婦として働いて貯(た)めようと、ねこは村田家政婦紹介所に出向く。紹介所の主・村田の奥さん(石田ひかり)や同僚の山田さん(市川実日子)との関係を良好に築き上げたことで…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  4. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです