メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車 プロドライバー、ゲームで激走 耐久レース延期で参戦

 新型コロナウイルスの感染拡大で毎春ドイツで行われる国際自動車レース「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」が延期されたことを受けて、レースに出場予定だった日本チームのプロのドライバーらがオンラインゲーム上でレースを戦うeスポーツイベント「e―ニュルブルクリンクレース」が24日開かれ、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信された。

 トヨタ自動車のモータースポーツ部門「ガズーレーシング」(TGR)とスバルが共催し開かれたイベントでは、ソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション4」の人気ソフト「グランツーリスモSPORT(スポーツ)」を使い、計9人のドライバーが参加。感染対策のためドライバーは1カ所に集まることなく、レーシングスーツ姿で自宅などからリモート参戦。本物さながらに細かい起伏まで再現した画面上のサーキットで激しく競り…

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. 京都縦貫道沓掛IC付近で土砂崩れ 3台巻き込まれ、2人軽傷

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです