特集

検察官定年延長を問う

内閣の裁量で高検検事長らの定年延長を可能とする特例を盛り込んだ検察庁法改正案についてまとめます。

特集一覧

黒川氏「訓告」、森法相「判断主体は官邸ではなく法務・検察」と強調 参院決算委詳報

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院決算委員会で、黒川弘務前東京高検検事長の訓告処分について答える森雅子法相=国会内で2020年5月25日正午、竹内幹撮影
参院決算委員会で、黒川弘務前東京高検検事長の訓告処分について答える森雅子法相=国会内で2020年5月25日正午、竹内幹撮影

 森雅子法相は25日の参院決算委員会で、黒川弘務・前東京高検検事長を賭けマージャン問題で訓告処分にしたことについて、「法務省から検事総長に『訓告相当だ』と伝え、総長からも訓告相当と連絡があった」と述べ、判断主体は首相官邸ではなく法務・検察だったと強調した。ただ、森氏は22日の記者会見で「最終的に内閣で決定がなされ、検事総長に伝えた」とも述べており、処分決定に先立つ官邸と法務省の協議については「さまざまな意見が出た」と述べるにとどめた。主なやり取りは以下の通り。【青木純】

 勝部賢志氏(立憲民主党) 今朝の報道にもあったが、もともと法務省で戒告が妥当ではないかと思っていて、内閣と協議した結果、訓告になったという報道があった。内閣とどのように協議し、どういう結果になったのか。

この記事は有料記事です。

残り2401文字(全文2740文字)

【検察官定年延長を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集