メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本郵政、前副社長に「違法性なかった」 前総務次官の情報漏えい問題で

日本郵政グループ=曽根田和久撮影

 かんぽ生命保険の不正販売問題を巡る行政処分の情報を総務省の鈴木茂樹前事務次官が日本郵政の鈴木康雄上級副社長(当時)に漏らしていた問題で、日本郵政は25日、第三者による調査結果を公表した。鈴木前副社長について「違法性は認められなかった」としつつ、次官との接触は控えるべきだったと指摘した。

 前副社長は総務事務次官経験者で、前次官の先輩に当たる。調査報告書では、昨年12月13~16日にかけ、①日本郵政グループ役員の責任の取り方に関する関係者間のやり取り②関係者しか知り得ない高市早苗総務相の日程③日本郵政に対する総務省の行政処分の方向性に関す…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです