ファミマ、6月から787店が時短営業 全加盟店の5.4% 人手不足などを受け

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ファミリーマート=曽根田和久撮影
ファミリーマート=曽根田和久撮影

 ファミリーマートは25日、フランチャイズチェーン(FC)加盟店の時間短縮(時短)営業について、全国の787店が6月1日から始めると発表した。商業施設などに入居する店を除く全加盟店の5.4%が24時間営業をやめ、時短営業に切り替える。時短は「毎日」を選択したのが514店、「日曜のみ」が273店だった。全体の半数以上が人手不足を理由に挙げた。

 閉店時間は午後11時以降から午前7時までの間で、店側が決める。申し込んだ理由は「人手不足」57.5%▽「夜間客数が少ない」18.9%▽「労働環境の改善」16.1%――の順に多かった。同社は2019年6月から一部店舗で実験的に時短営業を開始。3月から希望する店を募集していた。24時間営業の1万4600店が対象で、オーナー直営の店は除く。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文477文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集