メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府、入国拒否にインドなど11カ国追加 計111カ国・地域に 水際措置6月末まで延長

新型コロナウイルス感染症対策本部の会合に出席する安倍晋三首相(左から2人目)ら=首相官邸で2020年5月25日午後7時29分、竹内幹撮影

 政府は25日の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、27日午前0時から入国拒否の対象に新たにインドなど11カ国を加えると決定した。入国拒否は計111カ国・地域に拡大した。政府は過去14日間以内に対象国・地域に滞在した外国人の入国を拒否し、邦人の帰国時はPCR検査(遺伝子検査)を実施する。

 新規対象は、アジア・中東がインド、パキ…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです