特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

教諭にフェースシールド着用要請 専門家「熱中症対策を」 山形県教委

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
マスクとフェースシールド姿で授業を行う教諭=山形市の山形工業高で、的野暁撮影
マスクとフェースシールド姿で授業を行う教諭=山形市の山形工業高で、的野暁撮影

 山形県教委は、25日から県内の学校が本格的に再開するのを前に、新型コロナウイルス感染防止対策の一環として、教諭にマスクと透明な素材で顔を覆う「フェースシールド」の着用を要請した。ただ、気温が上昇する季節に向け、専門家は「熱中症の危険性が高く、水分補給が重要だ」と警鐘を鳴らす。【的野暁】

 フェースシールドは、一般的に医療従事者が患者からの飛沫(ひまつ)感染を防ぐために着用する。しかし、今月7日の県の医療専門家会議で「生徒よりも成人の教諭の方が感染リスクが高い」と指摘されたことから、県教委は「生徒に近づいたり、大声で話したりする場面が多い教諭が着用することで、双方の感染防止に努めようと発案した」と説明する。

 県教委は、学校に備蓄されているクリアファイルや透明のシートを代用し、テープで留めて作製する方法を書いたマニュアルを各校に送付し、学校側は対応を急いでいる。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文880文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集