特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ名目「アポ電」13件 4月から連休までの交通事故10年で最少 栃木県警

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
栃木県警本部=李舜撮影
栃木県警本部=李舜撮影

 新型コロナウイルスの感染が拡大した4月1日~5月6日の間、交通事故の発生件数が過去10年で最少だったことが、栃木県警のまとめ(暫定値)で判明した。刑法犯認知件数も減少したが、高齢者から資産状況などを聞き出そうとする「アポ電」では、新型コロナ関連の手口が13件確認されており、県警は注意を呼び掛けている。

 県警によると、同期間の交通事故発生件数は275件(前年同期比184件減)で死者数は3人(同5人減)と、過去10年で最少だった。登下校や出勤、帰宅の時間で大幅に減少し、児童・生徒の事故も20件(同43件減)と減少した。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文470文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集