メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ名目「アポ電」13件 4月から連休までの交通事故10年で最少 栃木県警

栃木県警本部=李舜撮影

 新型コロナウイルスの感染が拡大した4月1日~5月6日の間、交通事故の発生件数が過去10年で最少だったことが、栃木県警のまとめ(暫定値)で判明した。刑法犯認知件数も減少したが、高齢者から資産状況などを聞き出そうとする「アポ電」では、新型コロナ関連の手口が13件確認されており、県警は注意を呼び掛けている。

 県警によると、同期間の交通事故発生件数は275件(前年同期比184件減)で死者数は3人(同5人減)と、過去10年で最少だった。登下校や出勤、帰宅の時間で大幅に減少し、児童・生徒の事故も20件(同43件減)と減少した。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. コロナは政治を変えたのか 中北教授が読む与党の「慢心」と野党に欠ける「帆」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです