特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

記者が見た「新しい日常」 感染リスク低減に苦心 悲しい想像も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
貸付相談は体育館の片隅に設置したブースで行われた=富士見市民総合体育館で、橋本政明撮影
貸付相談は体育館の片隅に設置したブースで行われた=富士見市民総合体育館で、橋本政明撮影

 新型コロナウイルス感染拡大を受けた政府の緊急事態宣言は、近く全面解除される見通しが強まっている。しかし宣言が解除されても、もう感染拡大前の日常には戻らないといわれる。3月に県内で感染が広まり始めてから2カ月半。記者たちが埼玉県内で見た「新しい日常」を報告する。

相談は体育館 「3密」避け

 富士見市社会福祉協議会は、新型コロナウイルス感染拡大で収入が減った市民らに貸し付ける緊急小口資金などの相談や申し込みを、市民総合体育館でも行っている。

 3月下旬から協議会が入る施設で受け付けていたが、来訪者が増加したため、密閉・密集・密接の「3密」を避けようと体育館にブースを設置し対応を始めた。担当者は「広々としたスペースで対応できるので、感染リスクが低減した」と話す。【橋本政明】

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文687文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集