メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

これが「ランドマーク」の心意気 通天閣が工夫凝らし地域支援策を模索

通天閣の地下コーナーに並んだ土産物の菓子は、府外の観光施設のものも多い=大阪市浪速区で2020年5月19日、澤俊太郎撮影

 新型コロナウイルスの影響が広がる中、通天閣(大阪市浪速区)が、地域を支えようと工夫を凝らした企画を次々に展開している。3月から地元の菓子業者を支援するために、売れ残った関西一円の土産物を集めて格安で販売。5月からは休業要請を巡る府の独自基準「大阪モデル」の達成状況を示すライトアップを無償で始めた。来場者の減少で通天閣も厳しい状況だが、大阪のランドマークとして苦境を乗り越えるための模索を続けている。【澤俊太郎】

 5月上旬、通天閣の地下1階「通天閣わくわくランド」に設けられたブースには、たくさんの菓子が積み上げられていた。大阪城や関西空港をはじめ、淡路島の土産物も並ぶ。どれも通常の半額で販売されている。

 買い物にきた近くの会社員の女性(45)は「格安なので定期的に来てまとめ買いをしている」と満足そうだった。

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  4. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  5. 国家試験、高校生18人受験できず 1種電気工事士、教員申し込み忘れ 福島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです