メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良公園に新たな散策スポット 山口吉郎兵衛氏の別荘跡に日本庭園

約4畳半の茶室の小間。庭から出入りできるにじり口も設置されている=奈良市高畑町で2020年5月24日午前9時31分、林みづき撮影

 奈良県が奈良公園内の高畑地区で整備を進めてきた日本庭園「瑜伽山園地(ゆうがやまえんち)」が24日、開園した。明治期から昭和初期にかけて文化人が交流を深めた同地区の雰囲気を伝える庭園で、入場は無料。初日はお年寄りを中心に園内を散歩する人でにぎわった。

 管理する県によると、園地は広さ約1・3ヘクタールで、名所・浮見堂が建つ鷺池(さぎいけ)の南側に隣接する。明治期から大正期にかけ、大阪の財界で活躍した山口吉郎兵衛(きちろべえ)氏の別荘があった場所。195…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  4. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  5. 大阪で新たに17人の感染確認、16人が10~30代 京都でも9人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです