メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

人気テレビ番組のホームページ

 人気テレビ番組に出演していた22歳の女性プロレスラーが急逝した。詳しい事情はまだわからない。ただ、以前から言われていた、「リアリティー番組」の作り方と、ツイッターでの匿名アカウントによる誹謗(ひぼう)中傷という二つの問題が重なったのが原因だとしたら、このままにしたらまた同じことが起きる可能性がある。

 誰もが知っている国民的人気長寿番組「笑点」の大喜利を思い起こしてほしい。司会の春風亭昇太さんは昨年結婚するまで「嫁来ない」キャラでメンバーにいじられまくり、今は新婚キャラでいじられている。三遊亭小遊三さんは泥棒ネタ、三遊亭好楽さんは貧乏ネタでおなじみだ。林家木久扇さんは与太郎のキャラを演じ、林家三平さんは肝心の所で失敗する若旦那、三遊亭円楽さんは物知りのエリートで腹黒キャラ、そして林家たい平さんは元気なお兄さんだ。山田隆夫さんは63歳だが、「座布団運びの山田くん」としてかわいがられている。

 ご存じの方も多いだろうが、これは立川談志さんが半世紀前の1966(昭和41)年に番組を始めた時からそうなのだが、古典落語の世界に出てくる横丁の人々のキャラクターを笑点メンバーに置き換えているのだ。

この記事は有料記事です。

残り1214文字(全文1712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  3. ORICON NEWS 山形県出身の峯田和伸&橋本マナミ、同郷舞台の純愛映画で共演

  4. 大阪モデル緩和 「社会を動かしていく」と主張した吉村知事は何を意識したのか

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです