メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

9月入学、市区長の8割が「反対」「慎重」 懸念根強く

全国市長会長を務める立谷秀清・福島県相馬市長=福島県相馬市役所で2018年6月、高橋隆輔撮影

 全国の市長と東京23区長でつくる全国市長会が、政府が検討している9月入学制に対する賛否を市区長に尋ねたところ、「反対」または「慎重」が8割を超えた。9月入学制を導入した場合、大きな影響を受ける小学校や保育所を抱える基礎自治体の間で懸念が根強いことが明らかになった。

 25日開かれた9月入学制に関する自民党ワーキングチームの会合で、立谷秀清会長(福島県相馬市長)が調査結果を示した。

 全国市長会によると、全国の815自治体を対象に調査を実施し、70.7%に当たる576自治体が答えた。最も多かったのは「慎重」で360自治体(62.5%)。「反対」の103自治体(17.9%)と合わせると8割を超えた。「賛成」は104自治体(18.1%)にとどまり、9自治体(1.6%)は「保留」(無回答なども含む)とした。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 東京都内で206人の感染確認 4日連続200人超

  4. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです