メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

9月入学、市区長の8割が「反対」「慎重」 懸念根強く

全国市長会長を務める立谷秀清・福島県相馬市長=福島県相馬市役所で2018年6月、高橋隆輔撮影

 全国の市長と東京23区長でつくる全国市長会が、政府が検討している9月入学制に対する賛否を市区長に尋ねたところ、「反対」または「慎重」が8割を超えた。9月入学制を導入した場合、大きな影響を受ける小学校や保育所を抱える基礎自治体の間で懸念が根強いことが明らかになった。

 25日開かれた9月入学制に関する自民党ワーキングチームの会合で、立谷秀清会長(福島県相馬市長)が調査結果を示した。

 全国市長会によると、全国の815自治体を対象に調査を実施し、70.7%に当たる576自治体が答えた。最も多かったのは「慎重」で360自治体(62.5%)。「反対」の103自治体(17.9%)と合わせると8割を超えた。「賛成」は104自治体(18.1%)にとどまり、9自治体(1.6%)は「保留」(無回答なども含む)とした。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

  3. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  4. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その1) 乳がん検診停止、不安 英医療逼迫、98万人受けられず

  5. 神戸大、新型コロナ抗体薬研究へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです