特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コールセンターで「3密回避」 休業中ホテル借り切ったジャパネットの一石二鳥

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ホテルに機能を分散して密集状態を緩和したコールセンター=ジャパネットホールディングス提供
ホテルに機能を分散して密集状態を緩和したコールセンター=ジャパネットホールディングス提供

 新型コロナウイルスの感染を防ごうと、通販大手ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)は休業中のビジネスホテルを借り切り、注文を受け付けるコールセンターの業務場所に充てている。従業員1人に1部屋を割り当てて感染リスク低減を図っており、宿泊客の減少に悩むホテル業界からも歓迎の声が上がっている。

 多くのオペレーターが電話口で顧客と話すコールセンターは、密集場所で密接場面になりやすく、現場から不安の声が上がる企業も多い。ジャパネットは主力コールセンターを置く福岡市で、4月下旬から休業中のホテル3棟(計260室)を借り切った。各部屋に専用のパソコンや通話装置を配備し、それぞれの近隣に住む社員やアルバイトが出勤している。この体制を6月末まで続ける。

 感染が拡大した時期に、ジャパネットは持病のある人や妊婦らのコールセンターへの出勤を取りやめた。インターネットからの注文にクーポン券を発行する特典を設け、コールセンターで働く従業員を約6割に減らしていた。更に業務場所を分散したことで、本来のコールセンターも人が少ない状態で勤務できるようになった。広報担当者は「コールセンターの業務継続に加えて、地元のホテル業界に貢献したいと考えた」と話している。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文852文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集