メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

唯一無二、京都の三月書房閉店へ 吉本隆明ファンや上野千鶴子さんら通う

三月書房店主の宍戸立夫さん=京都市中京区で2020年5月13日、川平愛撮影

 個性的な品ぞろえで知られる京都市中京区の名物書店「三月(さんがつ)書房」が間もなく閉店する。戦前の町家を改装した10坪(約33平方メートル)の売り場に人文科学の専門書や文芸書など、こだわりの1万冊を並べ、目の肥えた読書家や研究者を引きつけてきた。3代目店主の宍戸立夫さん(71)は、ひっそりとシャッターに「定休日は週7日」と掲示する。

 1950(昭和25)年3月に創業。市役所から歩いて数分、古美術店やギャラリーなどが並ぶ寺町通に店を構える。新刊のみを扱うが、ベストセラーの類いはほとんどない。古書店と間違えられ「どこに値段が書いてあるの?」と客に聞かれることもしばしばだ。

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1060文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 北朝鮮・拉致問題 事件から40年 「悔やんでも悔やみきれない」 地村夫妻がコメント /福井

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです