メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「とめたらあかん」運転士8人の水間鉄道 地域の足守るため今日も走る 大阪

 新型コロナウイルスの感染防止のための外出自粛で、鉄道各社の経営は厳しくなっている。大阪府貝塚市の水間鉄道(藤本昌信社長、社員70人)は大阪府南部を走るローカル鉄道。営業距離は全国で3番目に短く、運転士はわずか8人で「廃線のうわさが出てもおかしくない経営状況」(同社)だ。それでも、地域の足を守り続けてきたプライドを胸に、今年12月の開業95年に向けて今日も走り続ける。

 「ローカル鉄道の魅力は乗客との距離の近さ。運転席をのぞき込んでくる小学生がいて、顔見知りになったりします」。終点の水間観音駅(同市)までの乗務を終え、2両編成の電車から降りてきた運転士の森本晃司さん(53)はこう語ると、顔をほころばせた。

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです