メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸市が留学生支援 ボランティアでの受け入れ先紹介し謝礼 約100人募集

神戸市内の日本語学校に通うベトナム人留学生のダオ・ティ・ハイ・バンさん=神戸市兵庫区で2020年5月20日午後3時23分、韓光勲撮影

 新型コロナウイルスの影響で困窮する外国人留学生らを支援しようと、神戸市は25日、ボランティアの受け入れ先を紹介し、謝礼や食費を支払う事業を始めると発表した。100人程度を募集する予定で、6月から8月まで従事してもらう。日本語学校などを卒業後、帰国もアルバイトもできない外国人らの支援が課題になっていた。

 市が募集するボランティアは、外国人の目線でハイキング道の案内サインの分かりやすさを確認したり、公園を清掃したりするなどの作業。1日3時間で謝礼や食費、交通費として3500円を支給し、月10回程度を想定する。3月末に日本語学校などを卒業し、在留資格を「短期滞在ビザ」に切り替えた人には、謝礼が支払えないため、食費と交通費として1日2000円のみとなる。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです