コミッショナー「他のスポーツの指針になれば」 プロ野球、6月19日開幕決定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オンラインで行われた記者会見でプロ野球の開幕について説明する斉藤惇コミッショナー
オンラインで行われた記者会見でプロ野球の開幕について説明する斉藤惇コミッショナー

 プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)と12球団は25日、オンラインで臨時12球団代表者会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期になっているセ、パ両リーグの公式戦の開幕日を6月19日に決めた。感染予防のため、当面は初めて無観客で開催する。レギュラーシーズンは各球団143試合を120試合に減らす。日本シリーズは11月21日開幕。当初3月20日開幕予定だったプロ野球は約3カ月遅れでようやく新シーズンを迎える。

 政府の緊急事態宣言が全面解除されるのを受けて決定した。緊急事態宣言発令後、国内プロスポーツの公式戦開催が決まったのは初。記者会見したプロ野球の斉藤惇コミッショナーは「閉塞(へいそく)感に苦しんだ国民を勇気づけ、プロ野球以外のスポーツにも開催の指針を示すことができればいい」と語った。

 開幕カードを含む日程は近日中に発表する。今後は6月2~14日に4カードずつ練習試合を行って開幕に備える。NPBは感染予防策などをまとめたガイドラインを作成している。

 東日本大震災後の節電対策として2シーズン実施した、3時間半を超えて新しい延長回に入らない「3時間半ルール」のような試合時間の制限は…

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1396文字)

あわせて読みたい

ニュース特集