メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

詩人たちの「空気の日記」=小国綾子

詩人たちのウェブマガジン「空気の日記」(https://spinner.fun/diary/)より。毎週水曜日更新。

 「記録しておかなきゃ」。5月のある日、雷に打たれたみたいに思った。新型コロナウイルスが世界の姿を変えていくから。

 新聞に残るだろう出来事の記録とは別に、私個人がいかに迷い、どう行動したか、何をいとおしいと感じたか、丸一日かけて2カ月半もの日記を一気に書いた。宿題をため込んだ夏休み最終日の小学生みたいに。それから私は、それを読み返し、暮らしが、社会が、世界が、すごいスピードで変化したことを改めて受け入れた。

 不思議な偶然はあるもので、3日後、知人で詩人の新井高子さんからメールが届いた。「詩人がコロナの日常を詩の『日記』でリレーするサイトが始まりました」

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです