特集

キャンパる

学生記者がキャンパスのみならず、街へ、企業へと縦横無尽に取材。学生ならではの発見をリポートします。

特集一覧

キャンパる

聞いてみました 海外の大学への留学生 帰国も残留も、重い決断

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
 
 

 新型コロナウイルスの世界的大流行によって、海外留学中の大学生は人生を左右する決断を迫られた。留学は移住とも旅行とも違う。彼らは、移住より現地での生活経験が浅い一方、旅行者のようには簡単に帰れない。そんな不安定な立場にある留学生たちは、この激動の数カ月をどのように過ごしていたのだろうか。

 キャンパる編集部が5月上旬に行ったアンケートには、2019年度中に欧米やアジアなどへ留学した日本の大学生139人の声が集まった。彼らがまず悩んだのは、帰国か、残留かの選択。5月11日時点では、約8割の115人が帰国していた。帰国の決め手としては、約半数が大学からの要請を挙げたほか、「ネパール空港封鎖の予告」(米国とネパール・駒沢大)という声もあった。

 泣く泣く決めた帰国。だが、帰国便に乗るまでも苦労は絶えなかった。「国際線停止措置の発動が発表から2日後だったため、帰るチャンスが翌日しかなく、航空券の争奪戦に。チケットが取れても一晩で家の解約や荷造りをしなければならなかった」(ポルトガル・東京外国語大)。「予想外の事態が相次ぎ、飛行機の予約キャンセルを1週間の間に4回行うはめになった」(フランス・日本女子大)。「移動手段で融通が利かず、公共交通…

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1315文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集