連載

濃い味、うす味、街のあじ。

飲食店を通じて「街のあじ」を紹介します。

連載一覧

濃い味、うす味、街のあじ。

旬を厳選、町家の青果店

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 チンチン電車の帝塚山四丁目駅(大阪市住吉区)から東へ、あべの筋に出るところにあるおしゃれな町家。「高級いも豆専門店」と端正な和書体で染められた白いのれんが目を引く。「やさいブティック」の「味菜実(みなみ)」だ。

 緊急事態宣言まっただ中の5月13日の夕方に訪ねると、ひっきりなしのお客さん。ただし、1人が野菜を手に取っているときに、後ろの客が2メートルぐらいあけて待っている。

 「コロナウイルス以降、新規のお客さんが来はるようになって、売り上げが増えました」と店主・南貴士さん。ちょうど向かいに「ライフ住吉店」があるのだが、出入りする客がものすごい。表に並べられている自転車の数でも、コロナ禍でのスーパーの需要がよくわかる。

この記事は有料記事です。

残り1596文字(全文1908文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集