連載

埼玉ビズ+α

埼玉県の経済ニュースや、企業トップのインタビューをまとめました。

連載一覧

埼玉ビズ+α

マイホーム解体で心の整理 ポラスグループ会社が企画 「棟下式」所有者に好評 /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
神主を招いて開かれた「棟下式」=さいたま市浦和区で
神主を招いて開かれた「棟下式」=さいたま市浦和区で

 家族の思い出が詰まったマイホームを手放す際の心の整理をつけてもらおうと、ポラスグループの中央グリーン開発(越谷市)は、棟上げ式ならぬ「棟下式(むねおろししき)を執り行い、好評を得ている。【山越峰一郎】

 棟下式は同社の造語で、古い家屋の解体前に清はらいなどを行う。新築戸建ての分譲・販売を手がける同社が、棟下式を企画した理由はなにか。中村高志CSV推進室係長は「土地を仕入れた後、そこにあった既存の建物をただ壊すだけで良いのか。そういう思いが社内に広くあった」と明かす。

 所有者側の思い入れの強いマイホームはなかなか取り壊せない。心の整理をつけてもらうことは、空き家問題の解消にもつながる。実際、土地を相続・売却する施主からは「区切りが付けられ、気持ちが晴れた」という感想が多く寄せられているという。

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1245文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集