メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」
台風19号・復興の道標

被災リンゴ畑にアンズ植樹 台風時期前に収穫可能 長野の果樹農家、関博文さん(58) /長野

千曲川河川敷にある畑にアンズの苗木を植えた関博文さん=長野市で

 東日本を中心に多大な被害を出した2019年10月の台風19号上陸から7カ月。長野市大町の果樹農家、関博文さん(58)は、複数ある農地のうち、自宅近くの千曲川河川敷にある畑に、アンズの苗木35本を植えた。もともとはリンゴの木があったが、ほとんどが倒れた。「河川敷では、秋の台風の時期より早く収穫できる、アンズや桃の栽培がいいのではないか」。被災を乗り越え、挑戦を続ける。

 「一気に水量が増えて、勢いがあった。水の怖さを知った」と振り返る関さん。昨年10月13日午後、千曲川の洪水により浸水した畑に行くと、根が見えた状態で倒れた約20本のリンゴの木があった。「37年間、農業をやってきて何度か水につかったので慣れているつもりだった」。これまでの水害で木が折れたことはあったが、倒れたのは初めてという。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  2. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  3. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  4. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  5. 長崎大生が新型コロナ感染 大学病院実習中に発熱 長崎県内18人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです