オクシズ材使用の電子看板が登場 静岡の地下道 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新静岡セノバに接続する地下道にあるデジタルサイネージ。オクシズ材が使われている=静岡市提供
新静岡セノバに接続する地下道にあるデジタルサイネージ。オクシズ材が使われている=静岡市提供

 静岡市の中心市街地の地下道に市産の木材「オクシズ材」を使用したデジタルサイネージ(電子看板)が設置され、道行く市民を楽しませている。

 「オクシズ材」は、市内の中山間地域「奥静岡エリア」で生産された木材のことで、経済活性化につなげようと、市がPRを進めている。新静岡セノバに接続する地下道を管理する静岡鉄道が「地場産業…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

あわせて読みたい

注目の特集