メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 時間も距離も気兼ねなく オンラインって便利! 車いす利用者、交流盛んに /和歌山

自宅でタブレット(左)に向かって話し、イベントに参加する石田雅俊さん=和歌山市で、木原真希撮影

 新型コロナウイルスの感染予防のため、オンラインを活用したさまざまなイベントが催されている。やむを得ず始まった取り組みだが、外出にハードルがあった車いす利用者には便利、という点が注目されている。オンライン上で福祉イベントを主催する和歌山市の勝山陽太さん(25)は「直接顔を合わせるのが一番だが、今後もオンラインと併用しながら開催していきたい」と話している。

 勝山さんは2018年から、和歌山市内のカフェでさまざまな職業、年代の人たちと福祉について語るイベント「Dialogue(ダイアローグ) FUKUSHI in 和歌山」を定期的に開催してきた。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです