新型コロナ 米子市に透明マスク寄贈 聴覚障害者団体が製作 /鳥取

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
伊木隆司市長に透明マスクを贈った西部ろうあ仲間サロン会の森田忠正さん(左)と森田次江さん=鳥取県・米子市役所で、柴崎達矢撮影
伊木隆司市長に透明マスクを贈った西部ろうあ仲間サロン会の森田忠正さん(左)と森田次江さん=鳥取県・米子市役所で、柴崎達矢撮影

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、塩化ビニール製の透明マスクを作っている米子市のNPO法人西部ろうあ仲間サロン会が21日、米子市役所で伊木隆司市長に10個を贈った。相手が通常のマスク姿だと、聴覚障害者は口の形や表情を読み取りにくくコミュニケーションに苦労するといい、森田忠正理事長は「聞こえない人た…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

あわせて読みたい

注目の特集