メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

将棋の記録係、なぜAI導入? 若手減少で作業機械化 反則認識や秒読みも=回答・丸山進

記録係席(中央)に陣取ったAIが天井からのカメラ映像を解析し、棋譜を作成する

 なるほドリ 将棋の公式戦の記録係に、人工知能(じんこうちのう)(AI)が導入されたと聞いたよ。

 記者 通常、将棋の公式戦では、記録係が将棋盤の横に座り、指し手と消費時間を「棋譜(きふ)」に記録します。しかし近年、記録係を務める若手の奨励会員(しょうれいかいいん)が減少しているため、この作業を機械化しようと、日本将棋連盟とリコーが「リコー棋録(きろく)」を共同開発しました。持ち時間が少なくなると、音声で秒読みもします。

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです