メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都知事選 小池氏の再選確実
経済観測

手詰まりのボルソナロ大統領=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 ブラジルの首都ブラジリアで今月、ボルソナロ大統領支持のデモが組織化された。1985年まで20年余りにわたって続いた軍事政権の復活を求めるプラカードまであった。彼には軍籍があり、閣僚22人のうち7人が軍人あがりだ。

 昨年1月の就任以来最も厳しい局面で、議会、裁判所、そしてメディアという、いわば民政移管後の体制がこぞって大統領親族の汚職を巡って大統領の弾劾裁判を求める状況である。追い込まれた大統領のあがきともいえる。

 年初来の通貨レアルの対米ドルの落ち込みは一時40%を超えた。コロナ禍で追い込まれた資源国は多いが、この落ち込みは原油価格下落幅に相当する。南アフリカのランドが30%台、メキシコのペソが20%台、チリのペソが10%台というなか、感染者数世界2位となったブラジルへの信認は揺らぐ。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 長崎大生が新型コロナ感染 大学病院実習中に発熱 長崎県内18人目

  4. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  5. コロナ封じ込めに成功したはずの韓国で感染拡大する理由 自粛解除と防疫、両立の難しさ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです