メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒川氏処分、森法相「他省庁の事例調べず」 野党「不当に甘い」 衆院法務委

参院法務委員会で黒川弘務前東京高検検事長の賭けマージャン問題について立憲民主党の有田芳生氏の質問に答えるため挙手をする森雅子法相=国会内で2020年5月26日午後1時41分、竹内幹撮影

 賭けマージャン問題で辞職した黒川弘務・前東京高検検事長に対する訓告処分を巡り、森雅子法相は26日の衆院法務委員会で、他省庁の事例を調べずに処分を下したと明らかにした。野党は、同じレートで賭けマージャンをした自衛隊員が2017年に訓告よりも重い「停職」の懲戒処分を受けていると指摘し、首相官邸が黒川氏を「不当に甘い処分」にした疑いがあると追及した。

 人事院の懲戒処分の指針は、賭博をした職員を懲戒処分にあたる「減給または戒告」処分にするのが標準例としており、管理・監督の地位にある職員は標準例よりも重くする場合もあるとしている。国民民主党の後藤祐一氏は、黒川氏を標準例よりも軽い訓告にとどめた理由を質問。森氏は「黒川氏は深く反省している。これまでの勤務態度が良好で、組織に多大な貢献をしてきた」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. クックパッドニュース 一房買っても安心!覚えておくと便利な「バナナの保存法」

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです