メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅館がオフィス コロナ禍見据え誘致 「我々も大改革を」 佐賀・嬉野温泉

オフィス用に改装した客室=和多屋別荘提供

 佐賀県嬉野市の嬉野温泉の旅館が、企業のオフィス誘致に乗り出している。新型コロナウイルス感染拡大で宿泊客が激減し、収束後も訪日外国人や団体客の回復が見通せない中、すぐに温泉に入れる魅力をPRしてオフィスを呼び込み、新たな収益源にしたい考えだ。

 大型旅館「和多屋別荘」(約130室)の一室に4月、東京のプロモーション会社のオフィスが開業した。嬉野温泉の特産品のPRを手がけた縁でオフィス開業を決め、和多屋別荘側も客室を改装。2人が着任し、ウェブ制作などに取り組ん…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 北朝鮮・拉致問題 事件から40年 「悔やんでも悔やみきれない」 地村夫妻がコメント /福井

  4. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです