メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国、雇用悪化に危機感 全人代で最優先課題に 失業率6%「実態はもっと深刻」

「感染予防のため一時休業」のお知らせを掲げた飲食店。扉には春節(旧正月)の飾りがそのまま残されていた=北京市内で2020年5月15日午後、赤間清広撮影

 新型コロナウイルスによる感染拡大を抑え込み、経済の正常化に動き出した中国だが、出稼ぎ労働者らの失業問題が深刻化している。開会中の全国人民代表大会(全人代=国会)でも雇用問題が最重要課題に浮上している。

 「あらゆる方策を尽くして雇用の安定・拡大をはかる」。李克強首相は施政方針に当たる「政府活動報告」でこう強調した。習近平国家主席は23日、新型コロナを受け新たに打ち出した「六つの保障」政策の履行を指示。同政策では食糧、産業網の安定など重要課題が並んでいるが、最優先課題に掲げられたのは雇用問題だ。

 習指導部がここまで神経をとがらせるのは、雇用環境の悪化が住民の不満に直結しやすいためだ。5%前後で安定していた中国の失業率は、感染拡大を受け2020年2月に6・2%に悪化。3月は5・9%とやや改善したが、4月は6%と高止まりしている。失業率の悪化は一定の範囲内にとどまっているようにも見えるが、「実態はもっと深刻だ」との見方が強い。中国の中泰証券は4月末、実際の失業率は20%を超えているとの調査リ…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文1050文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  2. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  3. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 市民バス、ミスで1カ月「白バス行為」 秋田・大仙市、有償運送者更新忘れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです