メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで需給ともに大打撃 食料支援「事前に困窮国周辺に配備を」 WFPエコノミスト

新型コロナの影響で家計が悪化し、食料の提供を受けるため長蛇の列を作る人々=南アフリカで2020年5月20日、AP

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で食料不足に苦しむ人が急増し、国連世界食糧計画(WFP)の試算では、2億6500万人に上る恐れが出ている。世界的に物流が滞ったり、収入減で食料が買えない人が増えたりするためだ。WFPチーフエコノミストのアリフ・フセイン氏(56)に背景や求められる支援について聞いた。【聞き手・平野光芳】

 WFPは従来およそ1億人に食料支援を行っているが、うち3000万人はイエメンやシリア、ナイジェリア北東部など、紛争地帯の緊急事態下にある人々だ。新型コロナの影響でサプライチェーン(供給網)が滞れば、緊急事態下の人々にだれも食料を届けられなくなってしまう。

この記事は有料記事です。

残り1490文字(全文1778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  2. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです