メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保育園の「慣らし保育」やり直し必要 保護者と職場は理解を 緊急事態解除で

東京都中野区の認可保育園「なかのまるのなか保育園」。臨時休園中のため、園児の姿はほとんどない=東京都中野区中野2で2020年5月21日午後4時31分、生野由佳撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大による東京都の緊急事態宣言が25日、解除された。都内の認可保育園や認定こども園では、今年4月に入園したばかりの園児について、預かり時間を少しずつ延ばす「慣らし保育」のやり直しを実施するケースが多い。大半は園での生活になじみ始めたころに休園や登園自粛となり、1カ月半以上経過してしまったためだ。一方、保護者には再び休みや時短勤務を申請することに戸惑いもあり、専門家は「突然死の危険性などもあり、子供の命を守るために再度の慣らしが必要。保護者はもちろん職場でも理解を深めてほしい」と話す。【統合デジタル取材センター/生野由佳】

 東京都の緊急事態宣言は4月7日に発令。保育園はその直後から、臨時休園や登園自粛を求め、医療従事者など仕事を休めない保護者の子供以外は、自宅で過ごすことになった。

 保育園は入園後、原則「慣らし保育」が行われる。一般的に最初は2時間、3時間と短時間の預かりで、1~2週間かけてフルタイムでの預かりが可能となる。新入園児の大半は0歳か1歳児で登園自粛・休園が決まったころは子供の状況によって異なるが、慣らし保育の終盤か、終わったばかりのころだった。厚生労働省によると、今回の長期休み明けに関し、慣らし保育の必要性や基準は特に設けていない。

 東京都内で認可保育園や認定こども園など計21園を運営する社会福祉法人「東京児童協会」は、今年4月に入園した0~2歳児クラスの乳児は、慣らし保育のプログラムを再度実施する。2歳児クラスまでの昨年度からの在園乳児についても子供の性格などを考慮し、数日の「慣らし」を検討するという。菊地幹事務局次長(34)は「4月の10日程度の園生活は忘れてしまったと考えた方が子供たちのためという結論に至った」と…

この記事は有料記事です。

残り1494文字(全文2234文字)

生野由佳

兵庫県出身。2003年入社。福島支局、阪神支局、大阪社会部、2度目の阪神支局を経て2020年4月より統合デジタル取材センター。JR福知山線脱線事故や阪神大震災を中心に取材してきました。被害者支援や障害福祉分野に関心があります。趣味は銭湯巡り。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  4. コロナ「消毒」で紙幣損傷 洗濯機やレンジで 韓国、5億円分交換

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです