メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雪国の高級「越後バナーナ」新たな特産品に期待 産廃の廃熱利用し、無農薬栽培

鈴なりに実ったバナナの生育状況を説明する霜田さん

 新潟県柏崎市荒浜のバナナ農園「シモダ・ファーム」で25日、バナナの生育状況が報道関係者に公開された。経営する産業廃棄物中間処理業「シモダ産業」(霜田彰社長)は、産廃焼却施設の廃熱を利用し、県内初の国産無農薬バナナの栽培に取り組んでおり、雪国でバナナ栽培に挑んだ霜田社長の熱い思いで「越後バナーナ」と命名。新たな地元特産品としての期待がかかる。

 農薬を使わないため、バナナの甘い香りに誘われる害虫は手作業で駆除している。生育は順調で、9カ月前の定植式では50センチ程度だった苗が、今や2メートルを超えるバナナの木になっていた。鈴なりに実をつけたバナナはまだ緑色だが、先端に小さな白い花を咲かせていた。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. パンダ良浜に妊娠の兆候 11~12月の出産見込み、公開休止 和歌山・白浜

  3. 酒井法子さんの元夫、また逮捕 覚醒剤使用の疑い 警視庁

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです