メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小中学校にフェースシールドを 京都の舞鶴高専教員が3Dプリンターで製作、寄贈

京都府舞鶴市の全小中学校にフェースシールドを寄贈した(左から)芦沢恵太さん、西村良平さん、藤司純一さん、舩木英岳さん=舞鶴市役所で2020年5月25日、塩田敏夫撮影

 京都府の舞鶴高専教員有志は25日、新型コロナウイルス感染防止のため、フェースシールドを京都府舞鶴市立の全小中学校25校に計65個寄贈した。装着することでくしゃみなどの顔への飛沫(ひまつ)を受けるのを防ぐ。医療現場で感染防止の防護服などが不足していることを知り、教員たちが「少しでも役立ちたい」と願い、3Dプリンターで製作した。

 電気情報工学科教授の芦沢恵太さんの話では、電子制御工学科助教の藤司純一さんから相談を受けたことがフェースシールド製作のきっかけとなった。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  4. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです