真正水生昆虫「ヒメドロムシ」 大分で世界2種目の新種発見 北九州のNPO理事長

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
発見された新種のヒョウタンヒメドロムシ=中島淳さん撮影
発見された新種のヒョウタンヒメドロムシ=中島淳さん撮影

 一生を水中で過ごす真正水生昆虫ヒメドロムシの新種が大分県内で発見された。専門家によると、日本で初めてのヒメドロムシ科ポドニクス属の新種で、世界でも2種目。水辺の生き物を愛する人々で作るNPO法人「北九州・魚部(ぎょぶ)」(北九州市)理事長の井上大輔さん(49)が見つけた。【衛藤親】

 2018年12月、大分県宇佐市内の川で発見した。体長はわずかに1.3ミリで、赤みがかった体と長い脚が特徴。その後、井上さんは市内の別の川や同杵築市内の川でも同種を見つけた。

 井上さんは、甲虫の分類学を専攻する愛媛大学大学院農学研究科の吉富博之准教授とヒメドロムシに詳しいホシザキグリーン財団・ホシザキ野生生物研究所(島根県出雲市)の林成多(まさかず)研究員に研究を依頼。2人が共同で論文を執筆した。専門家による審査を受け、動物学専門雑誌「Zookeys」(ブルガリア)の933号(5月18日付)に新種として発表された。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文901文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集