ネット上の誹謗中傷、発信者特定へ制度改正検討 高市総務相

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高市早苗総務相=国会内で1月、川田雅浩撮影
高市早苗総務相=国会内で1月、川田雅浩撮影

 高市早苗総務相は26日の記者会見で、インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷を巡る発信者の情報開示について、制度改正も含めて対応する考えを明らかにした。「総務省は先月、有識者会議を設置し、開示手続き円滑化の方策の検討を始めた。匿名の者が権利侵害情報を投稿した場合に、発信者の特定を容易にするための方策を検討する…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

あわせて読みたい

注目の特集