メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解除から一夜明け、通勤客増も宣言前に及ばず 図書館は入場制限付きで再開

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除から一夜が明けた26日朝、東京都内の主要駅では解除前の先週より多くのサラリーマンらが通勤する光景が見られたが、宣言前の人出にはまだ及ばない状況が続く。一方、都内ではこの日、休業要請について段階的緩和の「ステップ1」に移行し、休館を続けてきた公立図書館も入場制限付きで再開した。【松浦吉剛、川村咲平、矢澤秀範】

 東京都港区のJR品川駅では、マスク姿で職場に向かう通勤客が目立った。午前7時半過ぎ、同駅に降り立った横浜市の男性会社員(50)は「(駅の利用者は)先週に比べれば、ぐっと増えた」。緊急事態宣言は解除されたが、勤務先では宿泊を伴う出張はまだ見合わせるよう指示されているといい、「(宣言)前のような働き方にはなかなか戻らないのでは」と語った。

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1161文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです