メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アビガン、5月中の承認見送りへ 厚労相「科学的評価は時期尚早」

加藤勝信厚生労働相=川田雅浩撮影

 新型コロナウイルス感染症の治療薬の候補とされる抗ウイルス薬「アビガン」について、加藤勝信厚生労働相は26日の閣議後記者会見で、5月中の承認を見送る方針を明らかにした。安倍晋三首相は4日の会見で「5月中の承認を目指す」としていたが、現段階では有効性が確認されていない。

 アビガンは、新型コロナウイルス感染症への有効性や…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 「次期総裁は岸田氏か石破氏」 小泉純一郎元首相と山崎拓氏が一致

  5. 靖国参拝の小泉進次郎氏「大臣になってもちゅうちょなかった」 4閣僚が参拝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです